ご予約・お問い合わせ_0586-26-0220
WEB予約はこちら

羽衣歯科BLOGblog

入れ歯の種類

2018年4月9日
レジン床義歯

保険が適用になる一般的な入れ歯のことです。
素材はプラスチックを使用しているため分厚くなり、食事の時に熱が伝わりずらかったり、話しにくいといったことがあります。
ただし、食べ物を噛むという基本的な動作については問題ありません。

金属床義歯

入れ歯の床部分がプラスチックではなく金属でできている入れ歯です。
金属にすることにより薄く作ることができますので、食事の時にも熱が伝わりやすい、話をしている時の違和感も少ないなどのメリットがあります。
自費診療になりますが、レジン床義歯よりもご自身に合う入れ歯が作成できます。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯は基本的に、残っている歯に入れ歯を固定する金属の留め具(クラスプ)があります。
ノンクラスプデンチャーはこの留め具がありませんので、周りに入れ歯をしていることが気づかれにくいです。
また、金属を使用していないので金属アレルギーの方も安心して装着することができます。