ご予約・お問い合わせ_0586-26-0220
WEB予約はこちら

羽衣歯科BLOGblog

神経治療

2018年4月6日

なるべく神経を残せるように
治療を行います

虫歯があるのに放っておいたことで進行してしまい、神経部分まで細菌に侵されてしまっている場合は神経の治療が必要になります。
当院では、なるべく歯や神経を残せるように、CTによる診断と状態の説明、マイクロスコープによる細かく丁寧な処置、ラバーダムを使用して細菌の侵入を防ぐ世界基準の処置を行っています。歯がズキズキ痛む場合や、神経の治療をしたはずなのに痛む場合などはお気軽にご相談ください。

【 こんな場合はご相談ください 】

  • 歯が痛い
  • 長い期間痛みや腫れを繰り返している
  • 神経がないはずなのに痛みがある
  • 他院で抜歯するしかないと診断されたができれば抜歯したくない
  • 他院で神経を抜くしかないと診断されたができれば残したい